診療内容

子宮がん・卵巣がん検診

子宮がん・卵巣がん検診 (自費検査・千葉市検診)

自費検診・・何も症状がなく一般検診を受けられる方

※何か症状がある場合は診療内で行います。

子宮頚がん検査 ¥7,400 (超音波検査含む)
子宮体がん検査 ¥10,600 (超音波検査含む)
子宮頚がん+体がん検査 ¥12,700 (超音波検査含む)
卵巣がん検査(超音波検査) ¥9,100
          

千葉市子宮がん検診・・検診シールをお持ち下さい

子宮頚がん検査 ¥1,200
子宮頚がん+体がん検査 ¥1,900

HPVワクチン

子宮頚がんワクチン(公費・自費)

子宮頚がんの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が関わっています。このHPVの感染を予防するためのワクチンです。

ワクチンは予約制となります。
以下のアドレスからワクチンについてお読みいただいてからご予約のお電話をお願いいたします。

厚生労働省 HPVワクチン(概要版)
厚生労働省 HPVワクチン(詳細版)

ガーダシル(4価) ¥17,600(税込 1回分)
シルガード(9価) ¥33,000(税込 1回分)  *公費対象外

小学校6年生から高校1年生までは公費負担のため無料です。
(接種ワクチンはガーダシルとなります)

~お知らせ~(2022年1月現在)

1997年度~2005年度生まれの方でワクチン接種の機会を逃した方に関しては無料接種が受けられる救済措置が発表されました。
2022年4月から3年間の予定です。
詳細については決定次第ホームページでお知らせ致します。

令和4年4月よりHPVワクチンの救済接種(キャッチアップ)が開始します。

対象 平成9年(1997年)4月2日~平成18年(2006年)4月1日生まれ
救済期間 令和4年4月1日~令和7年3月31日までの3年間

*ワクチン接種ご希望の方は予約となりますのでクリニックへお電話ください。

月経移動

生理を早めたり遅らせたりして生理日を調節する方法です。
遅らせる場合は予定生理の1週間前までに,早める場合は生理中に来院して下さい。
(ただし、日程はご希望に添えない場合もあります)。

費用 ¥200×日数分

避妊相談・緊急避妊

避妊相談(自費診療)

避妊方法は低用量ピルか子宮内リングとなります。

低用量ピル 診察料 ¥3,200 *初回・1年検診時
検査代 ¥5,900~¥14,700
薬代 ¥2,000~¥2,500/月
子宮内リング(銅付加・ノバT) ¥50,000 1回挿入で5年間有効です。
経膣分娩の経験のある方が対象です。

避妊法については出産の状況・病歴・生活習慣(喫煙・BMI他)などによってご希望に沿えない場合があります。
まずは来院の上ご相談下さい。

緊急避妊(アフターピル)

避妊に失敗した場合に緊急的に内服するお薬です。
72時間以内の内服が必要です。避妊効果は約8割です。

レボノルゲストレル ¥10,000